KNOW-HOW

物件選定

オフィスの移転を任されたとき、ご担当者さまは何を考え、どんなふうに進めていけばいいのでしょうか? 「とにかくスムーズに進行したい」「どんなレイアウトが最適か?」など、検討しなければいけないことは多岐にわたります。 グッドライフは物件を探す段階から、イメージレイアウトの作成やコストの概算、スケジュール管理などを、総合的にコンサルティング。ご担当者さまのお悩みを、ワンストップで解決いたします。 このページでは、移転プロジェクトを実施する前にチェックしておきたい項目を、わかりやすくご紹介します。

01

移転目的を明確にする

オフィスを移転する理由は「企業のイメージ向上」「社員が増えたため、オフィスを拡張したい」「立地のよい場所に移りたい」「おしゃれなオフィスに変身させたい!」など、企業によってさまざまです。
まずは自社の移転プロジェクトについて、オフィスづくりのポイントを整理しましょう。最初に現オフィスの課題を洗い出すことで、選ぶ物件も変わってきます。新しいオフィスに求める条件や優先順位を具体的に設定し、より満足のいく物件を探しましょう。

02

現状のオフィスを検証する

移転の目的を明確化するには、現オフィスを検証することが必要不可欠です。
現状のオフィスに、こんなお困りごとはありませんか?
・会議室の数が足りず、思うように打ち合わせができない。
・歩きにくい動線や、人と人がぶつかりそうになる場所があり、手狭。
・書類が溢れかえっていて、整理整頓ができていない。
いまお使いのオフィスには、業務効率を低下させている原因があるかもしれません。グッドライフではまず現状図を作成し、お客さまと一緒に課題を検証させていただきます

03

ベストな物件を選定する

物件を選定する際には、管理会社やビル指定工事区分などをあらかじめ確認することも重要です。なかには、工事に関する規制があったり、ビル固有のルールが厳しかったりするケースも……。物件を契約する前にそうしたルールを確認しておけば、入居工事がスムーズに進められます。
グッドライフは、多くのオフィス工事実績で得たノウハウを活用して、不動産会社とは違った目線でのアドバイスをご提供いたします。

04

イメージレイアウトを作成する

「移転したい気持ちは固まっているのに、図面を見ても、イメージが浮かばない……」お客さまからよく聞かれるお悩みです。グッドライフでは、新しいオフィスについて具体的な想像がふくらむよう、レイアウトのお手伝いをいたします。候補物件の図面からイメージレイアウトを作成するだけでなく、お客さまが参考にしたい坪数やテイストの実績をお見せすることも可能です。

05

コストをシミュレーションする

新しいビルの賃料、移転に伴う工事や引越し費用、現オフィスの原状回復工事など、トータルでどのくらいのコストがかかるのかを、あらかじめ試算できます。オフィス移転は、多額の投資。お客さまのご要望に合わせて優先事項を検証し、移転する時期も含めて、適正なご提案をいたします。
物件やプランの候補が複数ある場合、それぞれのコストを比較検討できることは大きなメリットです。当社独自のコスト算出プログラムによって、比較検討のための資料をすばやくご用意いたします。

06

プロジェクト・スケジュール
を管理する

オフィスビルでは一般的に、賃料起算日以降でなければ工事を始められません。では、新しいオフィスの開所日から逆算すると、いつまでに着工しなければならないか……? そうしたルールや条件を踏まえ、無理・無駄・リスクのないスケジュールをつくり、プロジェクトを管理するのもグッドライフの仕事です。重複家賃を抑えるためのアドバイスや、社内の移転作業にかかる時間お見積なども含まれています。
お客さまに代わって、移転先ビルの管理会社と打ち合わせをしたり、各種届出や公的機関の申請に対応することも可能。物件選定から移転完了まで、円滑にプロジェクトを進めます。

All Know-how